Uncategorized

FPにアドバイスを求めてはいけない なんの役にも立たない(詐欺編)

お金のことで、銀行や証券会社等、いわゆるファイナンシャルプランナー(FP)のような肩書の人に相談してはいけない。
彼らの収入源は、投資の手数料なので、あなたの資産をいかに増やすかではなく、手数料の高い商品に案内することが仕事だ。

つまり、「利益相反」となっている。

以前も紹介したが、アメリカでは、自分の利益を失ってでも客のお金を増やすFPは、洗礼を受けたガラガラヘビを見つけるより難しいらしい。

今日は、詐欺事件が2件ニュースであったので紹介。

SKE48の元メンバーら男女4人を詐欺の疑いで逮捕

出会い系サイトで知り合った男性に、投資で儲かるノウハウがあるなどとうたって現金をだまし取ったらしい。

SKE48元メンバーは、山田 樹奈容疑者(22歳)。
4年前には、愛知県警で一日警察署長を務めている。

投資のノウハウを教える指導料として、50万円をだまし取ったらしい。
どんなノウハウかは、具体的な報道がないのでわからないが、仮に1,000万円投資をするとして、その手数料は5%になる。

めちゃ、高いやん

騙された男性は23歳ということなので、そんな大金の運用話ではなかろう。
10万、20万円のお金で運用して、手数料なんかすぐ回収できるよ!ってな話かな。

よくよく考えればあり得ないことぐらいわかりそうだが。
それも、出会い系。(笑)

100人以上から、5,800万円だまし取っているようで余罪も追及しているようだ。
よくもこれだけ騙される人間がいるなと、感心してしまう。

元メンバーは、偽名を使っていた、ということなので広告塔として使われていたのではなさそうだ。
本人もそのノウハウを信じていたのだろう。(ものすごく贔屓目に見て)

お粗末な話だが、人生これから。しっかりと罪を償いリスタートしてほしい。

ドル換金で利益 虚偽電話で400万円詐取 再逮捕

円をドルに換金し利益が出る投資話があるなどとうそを言い、投資の元金を増やせば配当が増えるなどと携帯電話に虚偽メッセージを送り400万円をだまし取った疑い。
(再逮捕とあるが、前は何をやらかしたのかな。別件逮捕?)

為替とは、異なる通貨で取引されている商品の値段を同じものにするためのものだ。

日本で1万円で売っている商品が、アメリカで100ドルであれば、1ドル=100円となる。
数年後に、アメリカではインフレが進み、この商品が110ドルになっていたとしよう。日本では相変わらず1万円。

同じ商品で値段が違うと、市場の調整が働いて為替が変動する。
この場合、1ドル=約91円になることで値段が同じになる。金利差も同じ考え方だ。

このように長期で見れば、インフレ率の差や、金利差は、為替で調整されていく。
為替差益で儲けようとしても、労力のわりにあまり大したことにならないのだ。

今回の虚偽話は、FXのことなと思う。
短期であれば、市場の調整にタイムラグがでるが、常に為替差益で勝ち続けるのは、じゃんけんで連戦連勝するようなものだ。
FXはゼロサムゲームなので、誰かは大儲けする可能性はあるが、私たちでないことは確かだ。

電話一本で儲けさせてくれるはずがない。

ABOUT ME
とおる
人生のいろいろな事情を経験してきた50代。 社会に出て、最初の20年はとにかくお金に無頓着。なぜ自分がこんなことになっているのかすらわからない状態。その後約10年、生命保険代理店で法人担当の仕事を週7日で勤務。多くの経営者と接するうちに、失敗の原因が見えてきて、ビジネス書を読み漁るようになる。時々、政治や歴史書を織り交ぜながら。