ファイナンス

裏ワザ、だそうな 情報弱者はさらに騙されドツボにはまる

リボ払いに苦しむ人に、朗報!と裏ワザが紹介されていた。
都銀のカードローンに借り換えするんだと!

「んなぁ~ことはない」、とタモリさんの声が聞こえるようだ。

結論:お金の知識がない人はこうしてカモにされる!

リボ払いとの比較が、元利定額の場合だったので少し説明。

カード会社によって、返済の方法が、「元金定額」と「元利定額」がある。

元金定額は、前回、楽天カードを事例に出した通り、毎月の元金を一定にして、残高対する利息をプラスする返済方式だ。
したがって、毎月の返済額は変動する。

10万円の利用に対し、元金返済5,000円で設定すると、初月は、5,000円+(元金10万円×利息15%)。次月は、5,000円+(元金9万5千円×利息15%)と続いていき、20回で返済完了。

それに対し、元利定額は、元金返済分と利息返済分を合計した毎月返済額を、一定の金額(定額)に固定する返済方式だ。
返済当初は、利息部分が多く、元金がなかなか減らないので、元金定額方式より返済期間が長くなり、かつ返済総額は増える。

元利定額方式をとっているカード会社のホームページには、

毎月の返済額が一定だから、家計管理がラクチン!とある。

家計管理をしている人が、リボ払いを利用しているとは考えにくい。

さて、都銀カードローンのホームページに戻ろう。

リボ払い(元利定額)と比較して、リボが利息15%に対し、弊社カードローンの利息は2%!
返済金額のシミュレーションとして、残高80万円のリボ払い毎月2万円返済と比較すると、40万円も利息が安くなる!と。

計算は間違っていない。

しかし、利息2%は、800万円借り入れした時の話だ。

80万円のリボ払い利用者に、800万円貸すのか?(笑)

説明をきちんと読むと、借入100万円未満は、利息14%とある。
借入金額によって、14%から2%と段階を作っているのだ(普通そうだろうね)

元利定額のリボ払い利用者が、なかなか返済が終わらないからと、カードローンに借り換えたところで何も解決しない。
カモを、カード会社が取り合っているだけの話なのだ。

すでに利用している人の、もっとも有効なお金の使い方は、一刻も早く返済すること。
目的は、借金をなくすことであり、金利を下げることではない。

欲しいものは、だれにでもある。
それは、収入の範囲で考えるべきで、家計の管理をするということは、お金と向き合うということである。

お金に向き合えば、お金というものを知ることとなり、賢い人生が送れるようになるよ。

ABOUT ME
とおる
人生のいろいろな事情を経験してきた50代。 社会に出て、最初の20年はとにかくお金に無頓着。なぜ自分がこんなことになっているのかすらわからない状態。その後約10年、生命保険代理店で法人担当の仕事を週7日で勤務。多くの経営者と接するうちに、失敗の原因が見えてきて、ビジネス書を読み漁るようになる。時々、政治や歴史書を織り交ぜながら。