topic news

芸能人の住宅ローン事情

今を時めく、千鳥ノブ

まだ全国的には売れてなかった2012年、千鳥ノブは大阪市内で3LDKのマンションを3,900万円で買うことにしたそうだ。

早速銀行の窓口に行って、住宅ローンの申込みに行ったのだが断られまくった。

そりゃそうだろうね、売れてない芸人に何千万円も貸す銀行などない。

その時、ノブがほかの芸人に愚痴った言葉がこれ。

「ワシらゴミやぞ」

14行に断られようやく15行目で借りることができたらしい。うんうん、売れ出して来た頃だからよかったね、という話ではない。

これからの時代、終身雇用は崩れるだろうし、いつリストラされるかも知れない。売れない芸人や、ミュージシャンの話は誰かの話ではなく、正社員だから大丈夫と思っているやつもその境遇になる時代にもうなっている。

まず前提として、家を買ってはいけない。

自分のスキルを資産として増やしていくこと。会社の仕事を事務的に機械的にこなしているだけだと資産は増えない。今の仕事で独立できるようにスキルを磨く。

そしてお金を貯め方の方程式でお金を貯め、運用していけば自分の子供の代で中古物件ぐらいキャッシュで買っても大丈夫な財産を相続してあげられるかな。

ノブだったから笑い話で済んでいるが、庶民は住宅ローンなんかに安易に手を出したらだめだよという話。

ABOUT ME
とおる
人生のいろいろな事情を経験してきた50代。 社会に出て、最初の20年はとにかくお金に無頓着。なぜ自分がこんなことになっているのかすらわからない状態。その後約10年、生命保険代理店で法人担当の仕事を週7日で勤務。多くの経営者と接するうちに、失敗の原因が見えてきて、ビジネス書を読み漁るようになる。時々、政治や歴史書を織り交ぜながら。