書籍の要約

無名の男がたった7年で270億円を手に入れた物語を再現しよう

最初この人物をYouTubeで見つけた時、物腰は柔らかいけど、いわゆるビジネス系ユーチューバーね、と流してしまった。
少し前だが、竹〇貴〇氏なる人物がテレビで紹介され、ネットでは詐〇師だと大炎上してたので、その類かなと。
そもそも整体に行く習慣がないので、この業界に興味が沸かなかった。笑笑

しかし、後継に指名した元社長の回を見る機会があったのだが、それを見て興味が沸き調べたら、こりゃ、すごい人じゃないの!と。
本も出ていたので早速購入してみた。

無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語
竹之内教博著(りらくる創業者)株式会社扶桑社

ユーチューブでわかりやすく話しているのでこちらも。
竹之内社長の非常識な成功法則

この本は、会社や店舗を経営する人、将来起業したいと考える人へはもちろん、サラリーマンの人にも参考になる内容となっています。
著者がやってきたことは、誰にでも真似ができる、再現性の高いもの、としてわかりやすく解説してあります。

りらくるが成功した秘訣

7年で直営店600店舗


「どうやってこんなに店舗をひろげられたのですか?」
「いつの時点で、こんなに増やそうと思ったんですか?」
「最初のお店がすごく当たったからお店を広げられたんですよね?」

多くの人からこのような同じ質問を受けたそうです。

答えは、最初から「りらくるを多店舗展開させよう」と決めていたから。
そのために、何をしていかなければいけないかを考え行動していったのだ。

はじめから多店舗展開を考えて作ったお店と、そにかくひとつのお店を成功させようと始めたお店とでは、その後のスピードが全く違ってくる。
この考え方は、以前紹介した「年収1億円になる人の習慣」にあった、仕事は「質」よりも「スピード」、「フライング」ならなお良し!に通ずるものがある。

まずは、1店舗目オープンする日から、竹之内氏は店に出ず、モニターで様子を確認している。
なぜなら、竹之内氏が店にいないと回らないのであれば、そもそも多店舗展開ができないから。

成功しているものを真似ること

すでにあるものを真似すると、多くの人が「パクリ」「二番煎じ」と良いイメージがありません。

それでも流行っているお店を真似したいと思うのは、そこに本質があるからです。
自分たちの知らない成功の秘訣をそのお店が持っていると思うからです。

その本質は、成功を知らない人間が集まって長い時間をかけて議論しても手に入れることはできません。
すでに成功事例があるのですから、失敗する確率も非常に少なくて済みます。

そもそも世の中にあるビジネスのほとんどが、すでにある何かの真似です。
この世に存在しないビジネスは、すでに誰かがやったのだけれども失敗して淘汰されたから存在しないのです。

サラリーマンにもこれは当てはまります。
営業であれば、トップ営業マンの真似をするべきです。

独自の売り方を編み出すというのは非常に効率が悪く、もし独自の売り方を見つけたとしても、おそらくそれは誰かがやって普及しなかったものです。

「りらくる」の1店舗目を開業する際は、モデルとしたマッサージ店を徹底的に観察しました。
もともと通っていたお店ですが、さらに頻繁に通い、マッサージを受けながら色々とヒアリングをしました。

流行りのお店を徹底的に調査して、まったく同じことをするのですから流行らないはずはありません。
そこまでの勝算を持って、「りらくる」を開業したのです。

仕組み化・ルールを作る

4店舗目が成功して、そこからはひと月からふた月に1店舗のペースでお店をオープン。

すると、セラピストの不足という大きな問題が起こりました。
セラピストがこなせる限界以上のお客様が来るということは、由々しき機会損失です。

これまでは、どこかのお店で働いていた経験者を雇っていたのですが、店舗数の増加にセラピストを確保するのが難しくなったのです。

では、どうするか。

未経験者に施術を覚えてもらうしかありません。
ところが、施術のプロに相談すると、教えるには2か月かかる、と言う。
これでは機会損失が増えてしまう。

竹之内社長がやったのは、まず自分が施術をマスターした。それも3日で。

身体をもみほぐすには様々な施術方法があり、ひとつの部位をもみほぐすにもいくつもの「手の形」を使うという。
しかし、それでは時間がかかるので、「ひとつの手の形」で施術する方法をマスターしようと考えたのです。

これは、美容師時代に、はやくスタイリストになるために、ひとつのカット方法だけで、かつ、そのカットが通用するお客様だけに絞った経験が今回も生かされている。

日本人は一つの技術を時間をかけて極めようとする傾向にある。
もちろん、悪いことではないが、今回の目的は、早く多店舗化するということである。

目的に向かうには、常識や慣習に惑わされてはいけないのである。

竹之内社長は、3日で覚えた施術方法をマニュアル化しました。
未経験者が、2週間で施術方法を覚えることができるようにしたのです。

施術のマニュアルを作ったので、今度は求人です。
ここでもルールを作りマニュアル化をしています。

求人による電話やメールに対するレスポンスは、1時間以内。
電話がつながらなかったりメールの返信がない場合は、ショートメールでリマインド。
それでも反応がなければ、3日後に電話。さらに1週間後にも電話。

こうやって確保した未経験者も、全員セラピストになるわけではありません。
2週間の研修で脱落する人が出てくるのです。

竹之内氏は、研修で離脱してしまう人数を分析し、数値化。
これを教育係と共有し離脱しやすいポイントでのケアを充実。
また、離脱率が高い教育係がいれば、問題点を見つけ出し改善。

このようにマニュアル化する、と言葉では簡単ですが緻密な分析、数値化と改善が大切です。

積み上げ型と逆算型

多店舗展開を急ぐために、出店候補地が決まったら、可能な限り早い日取りをオープン日として設定しました。
あとはその日へ向けて動くだけです。すべてのスケジュールをその日に合わせます。

できない人は、開店準備にかかる期間を、業者さんから提示された納期に合わせて予定を組みます。
このように、予定を積上げていくのではなく、オープン日を決めて逆算で予定を組むのです。

もちろん、いろいろと困難が生じます。

業者さんからは、できない理由のオンパレードでしょう。
しかし、そこをどのようにお願いしていくかが大事です。

オープン時にお客様を迎えることができればいいのですから、裏のスタッフルームはまだ工事中という時もありました。

また、スタッフが集まらなかったり、看板が間に合わない、電力の許可が下りていないこともありました。
スタッフは、多店舗から、電力は仮設を持ってきてその日を賄いました。

余裕のある日程を組めばこのようなことは起こりませんが、会社は成長しません。
慌ただしさの中だからこそ、知恵を出し、生まれるものもあるのです。

この本には、著者がいろいろと実験や失敗を通しての「気づき」が随所にちりばめられています。
若い人や、これから起業をしてみたいという人は、これからやろうとしていることに置き換えて行動すれば成功する確率が上がるのではないかと思います。
新作続々追加!オーディオブック聴くなら – audiobook.jp

今回紹介したところは一部を抜粋しただけです。
kindleであれば、ものの数十秒で読み始められますので、ぜひ読んでみてはいかがでしょ。

ABOUT ME
とおる
人生のいろいろな事情を経験してきた50代。 社会に出て、最初の20年はとにかくお金に無頓着。なぜ自分がこんなことになっているのかすらわからない状態。その後約10年、生命保険代理店で法人担当の仕事を週7日で勤務。多くの経営者と接するうちに、失敗の原因が見えてきて、ビジネス書を読み漁るようになる。時々、政治や歴史書を織り交ぜながら。