ファイナンス

億万長者になるのは簡単だった!②長期運用こそ投資の肝

長期運用は原理原則

日本一カンタンな「投資」と「お金」の本(中桐啓貴氏著)の中で、著者が2007年に積立投資でグローバルに分散投資をしましょうという本を出した。
その後、リーマンショックやチャイナショックがあったが、12年経ったときに投資の運用実績を調べたところ、投資元本に対して2倍にはなっているとわかったらしい。

しかし、読者から1通も感謝の手紙が届かなかった。

不思議に思った著者は、某証券会社を通じて、投資家の平均積立期間を調べてもらったところ、驚きの結果が出たそうだ。

積立投資継続期間は2年から4年。

本を読んで投資を始めたが、リーマンショックがすぐにやってきてみんなやめてしまったようだ。

リスクとはマーケットの変動ではなく、投資を途中でやめてしまうこと

正しい長期投資を理解すれば、マーケットの変動に動じなくなるのだ。
世界株の推移表を見ればわかるが、株価は上がったり下がったりするものである。
しかし、その推移は結局、右肩上がりになっている。

下がったからと狼狽売りするから損をするのだ。



シンプル イズ ベスト

日本人は、株式や投資信託に対する不信感が根強い。
その理由として、日本株がここ30年間停滞していることだ。

平成元年に日経平均株価に投資をして30年間持ち続けていたら半分になっている。

その一方で、米国株に30年前に投資をしていればこの30年間で10倍に
ドイツ株も同様に、30年前に投資をしていても10倍になっているようだ。

アメリカ人やドイツ人は、今すぐ使わないお金は、銀行ではなく投資に回している。
今までの実績をみると、大抵の人はそうするだろう。

それに対して日本人は、資産の10%も投資に回していないという。
過去の実績もさることながら、お金の教育を受けていないことが原因だ。

今後はどこの国の株が上がっていくのかはわからないが、世界規模で考えると、人口は増え毎年成長していくのは間違いない。
世界のお金は、複利で増えていくのだ。

正しい知識をこの本で勉強し、「長期運用かつ世界に分散投資する」シンプルな方法こそ億万長者への道だと知ってほしい。


ABOUT ME
とおる
人生のいろいろな事情を経験してきた50代。 社会に出て、最初の20年はとにかくお金に無頓着。なぜ自分がこんなことになっているのかすらわからない状態。その後約10年、生命保険代理店で法人担当の仕事を週7日で勤務。多くの経営者と接するうちに、失敗の原因が見えてきて、ビジネス書を読み漁るようになる。時々、政治や歴史書を織り交ぜながら。