生命保険

保険用語と保険の3つの基本形 これだけは押さえれば大丈夫!

生命保険は、マイホームに次ぐ人生最大の買い物です。

しかし、よく理解せずに進められるがまま契約している人が多いのが現状です。最低限の用語理解と、保険の形、3つの基本形を説明します。

【保険用語】

保険金:支払い事由が発生した時に貰えるお金。死亡、満期、入院等。

保険料:保障の対価として保険会社に支払うお金。

契約者:保険会社と契約する人。保険料を支払う人。

被保険者:保険の対象になる人。

保険期間:保障が続く契約期間のこと。払込期間と必ずしも一致しない。

払込期間:保険料を支払う期間。

解約返戻金:解約した時に契約者に払い戻されるお金。

掛け捨て:支払った保険料が戻らないこと。

解約:保険期間中に契約者の意思で契約を解除すること。保障は消滅。

減額:保険金等、保障を少なくすること。一部解約のこと。保険料はその分安くなる。

まだまだ、たくさんありますが、保険外交員の説明で必ず出てくる頻度が高いものを上げておきました。

【保険3つの基本形】

1.定期保険 2.養老保険 3.終身保険

30歳男性で、死亡時等に1,000万円もらえる事例です。

1.定期保険

保険期間に定めがあり、被保険者が保険期間中に亡くなると死亡保険金が受け取れる保険。

例えば保険期間を60歳とすると、60歳になった時点で保障は消滅。ただし、更新制度はあります。ここでは割愛。

オリックス生命で試算すると、保険料は2,570円/月額。総支払額は、2,570円×12か月×30年=925,200円。保険金額に対し1割程度の保険料で保障が確保できる。3つの保険の中で一番安い。もちろん掛け捨て。

2.養老保険

被保険者が、保険期間中に亡くなった場合、死亡保険金が、期間満了時に生存していれば、満期保険金が受け取れる保険。死亡保険金=満期保険金なので、どちらにしても契約満了時までに保険金を受け取れる。保障と貯蓄を兼ね備えたもの。

ただし、保険料は3つのうち一番高い。

例えばソニー生命で、保険金1,000万円、20年満了で試算すると、45,270円/月額。総支払額は、45,270円×12か月×20年=10,864,800円。

3.終身保険

死亡保障が一生涯継続する保険。

払込期間は、有期型(例えば、10年払込や、60歳払込等、保険期間より短い)と終身払い(保険期間同様、保険金がもらえるまで払込む)がある。

オリックス生命で、保険金1,000万円、払込期間60歳で試算すると、21,640円/月額となり、総支払額は、21,640円×12か月×30年=7,790,400円。

つまり、約779万円支払うと解約しない限り、必ず1,000万円がもらえる(遺族が)保険。

掛け捨てではなく、解約しても返戻金はある。この保険の場合、払込期間前に解約すると、返戻金は支払った保険料より少ないが、期間後だと増える保険になっている。

生命保険は、上記3つの基本形の組み合わせ、もしくは変形で構成されているので、最低限理解をしておいてください。

ABOUT ME
とおる
人生のいろいろな事情を経験してきた50代。 社会に出て、最初の20年はとにかくお金に無頓着。なぜ自分がこんなことになっているのかすらわからない状態。その後約10年、生命保険代理店で法人担当の仕事を週7日で勤務。多くの経営者と接するうちに、失敗の原因が見えてきて、ビジネス書を読み漁るようになる。時々、政治や歴史書を織り交ぜながら。