ファイナンス

インデックスとアクティブ、お金を増やすならどちらが良いの?

参考:父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え

インデックスファンドとアクティブファンドの違い

インデックスファンドは、S&P500 や日経平均といった指数に連動する投資信託です。
基本的に指数と同じ構成で銘柄を組むため、調査や分析といったプロのファンドマネージャが必要ないため低コストで運営ができます。

アクティブファンドは、指数にとらわれずに、リターンの獲得を目指します。
プロのファンドマネージャーがインデックスより良い成績を出せるよう市場の動きを予測します。

アクティブファンドは、インデックスファンドを上回るよう運用を目指しますが、ほとんどのアクティブファンドは、ターゲットとするインデックスに負けています。
過去15年にインデックスが上回ったケースは82%ありますが、30年間だと99%がインデックスの勝ちというデータがあります。

したがって、市場の動きを読み取るということは、ほぼ不可能ということです。
また、アクティブファンドの投資コスト高は長期運用で資産を増やすのに大きなブレーキとなります。

インデックスの信託報酬が、0.1%程度に対し、アクティブは、2%前後になります。
保有資産の4%で生活できる蓄財優等生がアクティブファンドで運用したのであれば、その約半分が手数料で消えてしまうということです。

結論

プロでもなかなか勝てないのに我々がいくら勉強しても勝てるはずはありません。
シンプルにインデックスファンドで運用するのが正解のようです。

ABOUT ME
とおる
人生のいろいろな事情を経験してきた50代。 社会に出て、最初の20年はとにかくお金に無頓着。なぜ自分がこんなことになっているのかすらわからない状態。その後約10年、生命保険代理店で法人担当の仕事を週7日で勤務。多くの経営者と接するうちに、失敗の原因が見えてきて、ビジネス書を読み漁るようになる。時々、政治や歴史書を織り交ぜながら。