ファイナンス

お金持ちの定義 可処分所得が多くても全部使う人は貧乏人

総資産=収入-支出+(資産×運用利回り)

ここでいうお金持ちとは、総資産が多い人を、お金持ちと定義します。読んで字のごとくお金を持っている人です。

決して収入の多い人ではありません。確かに収入が多い人は可処分所得も多いかもしれません。

使えるお金が多いから、例えば住宅ローンも収入に見合う金額が借りられて世帯収入が1,500万円もあれば、広島ではかなりのマンションが買えるでしょうし、西風新都セントラルシティこころで、戸建てを買うのは可能でしょう。

車もベンツや、BMW、レクサスなど周りから見ると羨ましい限りです。ベンツはSクラスで新型が出ました。さっそくショールームに見に行ける人は良いですよね。ちなみに、S500 4MATICは、13,750,000円からです。ひと頃から比べ安くなったんじゃないですかね(てなことを言ってみたい)

何度も言いますが、収入は予定であって未定です。未来永劫、月末に決まった給与が振込まれる前提で人生計画を立てていると痛い目に合うのは確実です。

収入の7割で生活し1割は趣味に充ててもいいですが、2割は資産として利回りの良い商品で投資していくことです。

ABOUT ME
とおる
人生のいろいろな事情を経験してきた50代。 社会に出て、最初の20年はとにかくお金に無頓着。なぜ自分がこんなことになっているのかすらわからない状態。その後約10年、生命保険代理店で法人担当の仕事を週7日で勤務。多くの経営者と接するうちに、失敗の原因が見えてきて、ビジネス書を読み漁るようになる。時々、政治や歴史書を織り交ぜながら。