Uncategorized

お金の話 イントロダクション 長い人生はお金と向き合うことで楽しくなる

お金は大切な物ですが、案外と無頓着な扱いをしています。無頓着でも生活が成り立っている間はまだいいですが、いずれ携帯や電気代、家賃等の支払いがきつくなってくるはずです。

なぜこうも大切であるはずのお金に無頓着でいられるのでしょう?原因はいろいろありますが一番は学校で、家庭でお金の教育がなされていないからです。

お金に計画性がなく、欲しいものがあれば現金が財布になくてもクレジットカードで買ってみる、将来のことより今の経済状況で家を買ってみるなどしているのですが、教育を受けていないのでファイナンス(金融)のリテラシー(知識)が低くローンを抱え込んでしまいます。

テレビでは消費者金融のCMでキャッシングでよりよい生活を促していますが、キャッシングとはよく言ったもので結局借金ですよね。住宅ローンも今は超低金利時代だから、マイホームを手に入れるチャンスとばかりな風潮ですが、ローンを組んだ瞬間に長期の負債が確定します。

ファイナンスのことを知らなくてもファイナンスにかかわらずに生きていくことはできません。そういう人はファイナンスに上手に騙されて生きていくことになります。

教育がなかった分、自分で調べて会得していく以外にはありません。幸い今の世の中、スマホの中に答えはすべて載っています。あとはやるかやらないかです。娘も今年度社会人になりました。娘にはお金で苦労してほしくないので、娘にしたためる手紙のつもりでいきたいと思います。

ABOUT ME
とおる
人生のいろいろな事情を経験してきた50代。 社会に出て、最初の20年はとにかくお金に無頓着。なぜ自分がこんなことになっているのかすらわからない状態。その後約10年、生命保険代理店で法人担当の仕事を週7日で勤務。多くの経営者と接するうちに、失敗の原因が見えてきて、ビジネス書を読み漁るようになる。時々、政治や歴史書を織り交ぜながら。