書籍の要約

お金の増やし方 お金の考え方を改める

日本人のための金の増やし方大全
ロバート・G・アレン著

アイキャッチ画像:O-DAN

お金に対する考え方を変える

1ドル(100円)の印象はどうであろう。
少額のお金かと思うか、マネー・ツリーとなる「種」と思うか。

小さなどんぐりの中に巨大な樫の木に成長するパワーが備わっているように、1枚の1ドル紙幣は、その1枚1枚には巨大なマネー・ツリーへと成長する力が秘められている。

このマネー・ツリーが成長していくと、24時間365日休むことなくお金という果実をつけていきます。

どんぐりを潰してしまえば中にある樫の木の種も死んでしまうように、1枚の1ドル紙幣を無駄使いするたびにマネー・ツリーの種を潰していることになります、

「数学におけるもっとも偉大な発見は、”複利”である」
アルバート・アインシュタイン

それでは、1日1ドルを貯める(種を植える)場合、100万ドル(1億円)に達するのに何年かかるかというと、

利率3% 147年
利率5% 100年
利率10% 56年
利率15% 40年
利率20% 32年

もっとスピードアップしたいのであれば、1日5ドル、10ドルと増やせばミリオネアになる年数は短縮されます。

先延ばしをするとどうなるのか

毎月200ドル(2万円)を利率20%で20年間運用し続けると、632,000ドル(6,320万円)になります。
しかし、今すぐやらず1年後に始めたとすると、運用期間は19年となり、計算してみると、

516,000ドル(5,160万円)となります。

1年先延ばしのツケは、116,000ドル(1,160万円)!

1日300ドル、1時間当たり13ドルずつ損をしたということです。
1日延ばすごとに、1時間先送りするごとに、将来のお金を捨てていることになります。

このように、お金の考え方を変えると、誰にでもマネー・ツリーが育てられるのです。
誰でも億万長者になるチャンスがあるのです!

収入よりはるかに少ない支出で生活をする。
余ったお金は投資する。
借金はしない。

今まであるだけ使ってきた人には、上記3つのことを実行するのはなかなか気が重いのが本音であるが、この本は、お金の考え方を変えるところから入っているので読みやすい本である。

まずは、1ドル紙幣(100円玉)がマネー・ツリーの種だと考え方を改めてみよう。

必須のマネー・スキル

毎日ほんの数百円を、長期間にわたって積み立てることは「誰にでもできる」
しかし、そのコツコツとした決意をくじこうと様々な誘惑に襲われます。

ここで経済的安定へと導いてくれる、7つのマネー・スキルがあります。
この章では、成功の土台となる、3つの財務管理スキルが紹介されています。

7つの重要なマネー・スキル
1.価値を知る
2.コントロールする
3.蓄える
4.投資する
5.稼ぐ
6.守る
7.分かち合う

ウォーレン・バフェットの2つの重要なルール
【ルール1】決してお金を失うな。
【ルール2】決してルール1を忘れるな。

マネー・スキル① 価値を知る

億万長者ジョン・D・ロックフェラーの末息子、ロックフェラー・ジュニアが息子たちに教えたお金の話。

週25セントは与えたが、その他の必要なお金は自ら働いて稼ぐように、そして使途は明確に指示を出した。

働くことの必要性:自ら働いてこそ、その価値がわかる
慈善活動の重要性:最初の10%は与えよ
貯蓄の重要性  :次の10%は自分に支払え
説明義務の威力 :1セントに至るまで使途を明らかに

富豪だからと贅沢三昧に育てることなく、息子たちにお金の価値を教えた。
のちに、ネルソン・ロックフェラーは41代副大統領に、ウィンスロップ・ロックフェラーはアーカンソー州知事、デイヴィット・ロックフェラーはチェース・マンハッタン銀行頭取となる。

マネー・スキル② コントロールする

ストリームズ・アンド・リークス(流入と漏出)
収入は人生の貯水池に流れ込みますが、貯水池には漏れ穴があって、お金はそこから流れ出ていきます。
ほとんどの人が稼いだお金をすべて使ってしまいます。

貯水池を富であふれさせる唯一の方法は、それらの漏れ穴をふさぎ、かつ流入する収入の数を増やすこと。

お金の使い道(漏れ穴)10のカテゴリー

カテゴリー1「付与」慈善団体等への寄付 10%を他者に。
カテゴリー2「自分」10%の貯蓄 余ったお金を貯蓄するのではなく、先に蓄えを確保します。
カテゴリー3「税金」
カテゴリー4「住居」住宅ローンや家賃。
カテゴリー5「日常生活」食費や光熱費等、日常生活を営む支出。
カテゴリー6「車」ローンはもちろん維持費。
カテゴリー7「娯楽」
カテゴリー8「保険」
カテゴリー9「借金、雑費」
カテゴリー10「ビジネス」

成功者たちは、上記のお金が動くとき、必ず数分間の時間を使います。
これを「億万長者の数分間」と呼ぶ。

・計画を立てて買い物をする
・ディスカウントを得る
・レシートをもらう
・レシートを確認する
・レシートを分類する
・収支を確認する
・レシートをカテゴリーごとにファイルする

これをすることで、

節約ができます。毎日投資プログラムの資金となる、1ドルを見つけることができます。
税金の資料がまとまっているので確定申告が簡単。税理士に頼むと余計な費用が発生します。
ビジネスの費用が明確になるので、課税控除の漏れがなくなります。

マネー・スキル③蓄える

キャッシュフローの管理。月末にちゃんとお金が残っているか?漏れ穴の管理をしなければなりません。

「save」という単語には、「節約する」と「蓄える」の2つの意味があります。
「節約」買い物の際は、小売価格ではなくディスカウントで買うこと。
「貯蓄」余剰金をねん出すること。

節約できる人は、結構いるのですが、その節約したお金を余剰金に回せているのか?
節約したお金を、他で使ってしまっているのでは意味がありません。

マネーセイバー①長期的に計画を立てる

億万長者ビジネスマン、J・ポール・ゲティ氏は、「麦わら帽子を秋に買う」

需要が下がり値段も下がるから秋に買うのです。
将来を見据え、計画的に、誰も欲しがらないときに買い、需要が高くなったときに売るのです。

多くの人は計画なく、行き当たりでその日に計画を立てます。
億万長者は、90日後に必要になるであろう物を今日何をすればよいか考えます。

お金の管理に長けた人は、1ドルを節約する方が、1ドル余分に稼ぐことに比べどれだけ簡単か知っています。
1ドルの純利益を出すのに、どれだけの販管費が必要になるか理解できています。

マネーセイバー②形成手術を施す

複数枚クレジットカードを保有しているのであれば、1枚を残して後ははさみで切りましょう。

統計によると、これで1年の生活費が30%削減できるとのことです。
購買へのアクセスを断つことで簡単に出費が抑えられます。

辛抱する樹にお金がなる。

追悼
今日4月7日は、戦艦大和が東シナ海に散った日。
窓から見える桜のように。
76年前のことを何人の人が覚えているのだろうか。
黙祷。

ABOUT ME
とおる
人生のいろいろな事情を経験してきた50代。 社会に出て、最初の20年はとにかくお金に無頓着。なぜ自分がこんなことになっているのかすらわからない状態。その後約10年、生命保険代理店で法人担当の仕事を週7日で勤務。多くの経営者と接するうちに、失敗の原因が見えてきて、ビジネス書を読み漁るようになる。時々、政治や歴史書を織り交ぜながら。