ファイナンス

『金融詐欺』お金の勉強をしていない人はこうして騙される

今回は、産経新聞のTHE SANKEI NEWSより下記のニュース。
この手の詐欺は、昔からあるけど今後も情弱がいる限り無くならないだろうな。
アイキャッチ画像:O-DAN

【SNSの罠】無登録業者もはびこる海外FXに潜む危険

海外の業者を利用した外国為替証拠金取引(FX)をめぐるトラブルが後を絶たないようだ。
最近は、SNSを使い「絶対もうかる」と言った誘い文句につられて投資を始め、多額の損失を被るのが流行りらしい。

「絶対もうかる」とか「海外○○」という文言が並べば、詐欺だと思って間違いないと思う。

少し考えれば、絶対もうかるからと、わざわざあなたに、お金を配りに来る奇特な人なんてこの世にいない。
このレベルは、金融の知識云々の話ではない。

儲け話を持ってきたり、お金を配る人が存在することは確かだが、その見返りがあってのことだ。
この手の話が来た時は、自分が日本国を動かせる権力者か否かを問いかけよう。権力者でなければその話はなかったことに。

「100%安全」

今回の事件は、Twitterが舞台のようだ。
「必要な人に届くようにお金を配りたい」というツイートから始まる。(この時点で詐欺だと認識してスクロールしよう)

被害者は、以前より投資を手掛け、FXにも関心があったのでツイート主に連絡を取り、彼が運営するスクールに入会したらしい。

FXそのものは、詐欺ではないが、投資ではなく投機だ。
FXはゼロサムゲームで、儲けた人と損した人の金額を足すとゼロになる。
負けた人のお金が勝った人に動くだけのものだ。

投資は、例えば株や投資信託であれば、その会社のオーナー(一部)になるということ。
業績が上がれば投資したみんなが勝つ。

もちろん個別株であれば株価が下がり、会社がつぶれてしまえば皆、紙くずを手にすることにはなる。
ここのブログでは、個別株は推奨せず、インデックスファンドしか紹介していない。かつ、長期運用。
資産を確実に増やすには、別のブログで書いているのでここでは紹介しないが、王道を歩むしかない。

この事件となったスクールでは、約300人が登録されており、当初は運用が良かったようだ。
また、初心者には個別相談に応じるなど男性の丁寧な対応に加え、スクール生が続々と入金するのを見て被害者は信用し、結局260万円を突っ込んだようだ。

日本人特有の、「みんながやっているから」という行動に身を任せたようだ。その結果は260万円をどぶに捨てた。


突然の取引終了

海外○○という金融商品も、手を出さない方が無難だろう。
いや、わざわざそんな手の込んだ、難しいことをしなくてもいい。

海外の証券会社でのFX取引のようであるが、なぜ海外の証券会社だから「ここなら儲けられるよ」なのだろう。
日本は低金利だから海外で、ということなのかもしれないが、普通に国内の証券会社で投資信託7%から9%出してる(過去実績)。

不動産投資であれば、表面利回り20%30%はザラだ。
ただし、相当な勉強量と行動力が必要なことであるのは言うまでもない。

何が言いたいかというと、ここのスクールでは、基本的に放置しておけばお金は増えていきますよ、と案内されて信用していたということ。
世の中を舐めてはいけません。儲けるということは、相当な努力とスキルが必要なのです。

また、海外○○をするのであれば、なにかと確認に現地にすぐ行ける環境の人間であること、英語は最低限話せて、場所によっては現地語も話せることが条件だろう。

10年くらい前から、カンボジアの銀行で米ドル建ての定期預金がひそかなブームになっていた。
普通、新興国の高金利預金は、現地通貨で行うので、金利が高くても数年後通貨安になり、円転しても結局お金が増えなかったというオチが待っている。

しかし、カンボジアは米ドルが流通していること(現地通貨は信用されていないから)、大手銀行ですら格付けの範囲外で投資基準に満たず、ガラパゴス化した市場で米ドルが流通しているので高金利が維持されているらしい。

これはもちろん詐欺ではないが、いざという時、カンボジアの銀行窓口に出向き、米ドルか日本円に両替して資金回収できる人が行うものであるということは言うまでもない。

最近では、海外不動産の話を耳にすることがあったが、投資した人はデベロッパーや建設会社がどのような会社なのか調べたのだろうか。
そもそもデベロッパーという業種を知っているのかな。ぼちぼち予定では竣工する時期だから結果が出始めるころだろうね(笑)

500件超の相談

海外の業者を介したFXをめぐるトラブルに、国民生活センターに寄せられる相談が急増しているという。
過去5年は、120件前後に推移していたが、令和2年度は523件にのぼったらしい。

同センターによると、「勝率100%」「絶対もうかる」と言って入会させ、出金しようとすると「急に損失が出た」「システムのトラブル」などと言って出金させないとのこと。

こんな粗いスキームがあるのかと感心してしまうが、ここまで来たら騙される方に問題があるのではないかと思ってしまう。
積立nisaやiDeCoが最強なのである。長期運用と分散投資でこつこつとやり続けた人だけが、お金から自由になるのです。


ABOUT ME
とおる
人生のいろいろな事情を経験してきた50代。 社会に出て、最初の20年はとにかくお金に無頓着。なぜ自分がこんなことになっているのかすらわからない状態。その後約10年、生命保険代理店で法人担当の仕事を週7日で勤務。多くの経営者と接するうちに、失敗の原因が見えてきて、ビジネス書を読み漁るようになる。時々、政治や歴史書を織り交ぜながら。